ケベックで春の訪れを感じるなら

沢山の蝶々が放し飼いになっている温室がケベックの郊外にありまして、毎年春先に開園されます。(場所:la maison-mère de Hamel, à L’Ancienne-Lorette)

開園期間はバレンタインから3月末まで、と短めなのですが、春の訪れを感じるにはもってこい。

この温室を提供している”Hamel”は本来ガーデニングのお店。植物もとっても活き活きとしていて見応えあります。

お子様をつれて来る人が多いので、蝶々と同じ数だけ子供がいるかも?というくらい子供が走り回っていましたが、様々な色の蝶々がはためくのを眺めていると幻想的な気分に。

葉っぱに停まっている美しい蝶々は、まさに自然の中のジュエリー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です