ペンダント 涙型オニキス×ダイアモンド3pt 

お客様からのオーダーで作りました。

オニキスとダイアが織りなすシンプルでシャープな印象はなかなか素敵です。

制作過程をまず紹介します。

必要な幅にぴったり合わせた長方形の地金を用意し、中心線をひいて、涙型を針で描き、中心に穴もあけてしまします。
開けた穴に糸ノコの刃を通し、穴は大きくしないように地金の上側のみを涙型に切り開けていきます。
このような状態になります。石を実際にときどきのせながら、石とぴったり同じ形になるように上側の形を調整します。
そして石がぴったりはまるように段を削ります。
次はダイアモンドをとめるチューブ(この時点ではまだ短く切った銀線です)がギチギチに入る穴をあけます
ピッタリ合う穴ができたら、その周りも切り落とします。
地金も部分によって必要な厚さになるようにこの時点でヤスリがけしておきます。写真のように銀線をギュウギュウと用意した穴に入れた状態で溶接。
いらない部分を全て切り落とします。
ダイアの入る穴を調整。バチカンが通る輪っかもヤスリで彫刻します。
まずダイアをとめ、バチカンも溶接して、その後にオニキスを留めます。

このようにしてできあがったペンダント。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です