人の命ってやつ

修業先のジュエリー店では、毎日いろいろなお客さんが訪ねてくるので、

毎日単調な繰り返しのように見えて、その合間にいろいろなストーリーに触れる機会があったりします。

先日、古い常連さんのお婆ちゃんが師匠を訪ねてお店に来てくれました。

とっても明るく眩しい笑顔で「こんにちは」と帽子をとると、髪の毛がない。

「わたし、がんでもう余命数ヶ月なんですって」と。

「でも死ぬまでにやっておきたいこと、見ておきたいことが沢山あり過ぎて忙しいの!」と、まさかもうすぐ亡くなるなんて信じられない元気さと明るさ、爽やかさ。

彼女がお店にもたらしてくれた溢れんばかりの光に、人の命の美しさ、眩しさみたいなものにものすごく心が震えました。

さて、美しいものを作るぞぅ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です