外食が高いケベックシティ

ケベックシティは外食するととっても高くつきます。

カジュアルなレストランで、ランチメニュー(前菜にサラダもしくはスープがついてくる、というパターンが多い。食後のコーヒー•紅茶が含まれている場合もあります)が大体15ドルから23カナダドルくらいが相場で、お会計時に消費税(州税と国税が2つかかる。およそ15%。)とチップ(税込み金額の15%が目安)を払うので、結局のところ支払う金額は20から30カナダドルくらいとなります。

日本人の感覚だと、普通のランチでこれは高い!!

観光客のみなさんにもこれはかなりダメージが大きいと思います。

その値段を出す価値のあるレストランもあるかと思いますが、なるべくレストランで食べる機会があればちゃんと写真も撮ってリポートしないといけないですね。

ヨーロッパのように素敵なお惣菜屋さんが沢山あるわけでもないので、

ファーストフードに頼らずにリーズナブルに美味しいものを食べる方法はただ一つ。

食材を買って来て料理をする。

残念ながらそれに尽きるのです。

夏は旧港の生鮮市場にいくと見たことも無いような野菜に出会うことができますし、

ロブスターやカニ、ムール貝なども手に入ります。お肉パイのお店(温めサービスはないので、買って帰ってオーヴンで15分ほど温めて食べます。)、フレッシュパスタ(こちらも温めサービスはないので、自宅で調理する必要あり。)のお店なんかも魅力的。

Épicerie J.A.Moisan (エピスリ•モアザン)や Épicerie Européenne(エピスリ•ヨーロペアン)などのオシャレな食料品店で美味しいチーズやハム、ソーセージ、デザートなんかを買って食べるのもおすすめ。

ヨーロッパを凝縮したような最高にかわいいお店モアザン。写真はこのページから拝借

夏場は美味しい食べ物を持って戦場公園の芝生でピクニックすると楽しいですよ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です