鍵その2 ガーネット

鍵シリーズ 第2弾。

今度はガーネットのカボッションカットを覆輪留めをして作ってみました。

石留めがちょっと特殊だったので第1弾に比べても難易度はさらに高め。

今回も長方形の板(3,1mm)を用意して中央を決め、線を引くところからスタート
棒状の部分の高さを低くします(26mm)
棒状の部分を、丸みを帯びるようにヤスリで削ります
18Kイエローゴールドの小さな帯を用意して棒状の部分のカーブに合うように曲げます
18Kイエローゴールドの帯を溶接
バチカンを通す輪っかの部分も板の厚みを低くします
石留め用に穴をあけます
石の台座を削りだします
石がとめやすいように傾斜をつくります
バチカンを溶接してしまってから、石留め用のセメントに接着して、石留め準備完了。

覆輪留めなのですが、構造的にはどちらかというと埋め込み留めに近いかもしれません。

できあがりはこんなかんじ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です