貝とパール

片耳ピアスのオーダー。

定番の組み合わせ、貝とパールで小さなピアスを作ってみました。

モチーフはスターリングシルバー、ポスト部は18Kイエローゴールド、パールは4mmの淡水パール、パールを入れるネジ加工した軸は18Kピンクゴールド。

制作過程は以下の通り。

将来貝のモチーフとなる四角
ベースとなる形にカット
高低をつける。パールを入れる軸となる18K金線をネジ加工して、必要な長さに切っておく。

※ピンクゴールドは、イエローゴルドに比べて混ぜる銅の比率が少し多く、より丈夫なので、ネジ加工をする軸はほとんどいつもピンクゴールドを使います。貴金属は混ぜる銅が多ければ多いほど硬くなる様。

裏側にピアスのポストを差し込む穴を用意。刻印を入れるスペースがかろうじてあったので刻印も入れます。
買ったまま状態のポストはくびれが2つ。でも無駄に長くても引っかかり易いだけですし、ポストも曲がり易くなってしまいます。
ポストのくびれを1つ切ってしまい、端を美しくやすりがけします。
用意しておいたポストを差し込む穴(ピッタリ入る大きさに調整します)に差し込んで溶接
パールを差し込む軸を入れる穴を用意
ネジ加工した軸の先端に溶接用の銀ロウ(地金よりも溶解温度が低くなるように他の金属が混ぜてある銀)を仮に溶かしておきます。ちなみにポストの部分を溶接する際も同様に溶接してあります。

ポスト部分をつかんで貝のモチーフをヤスリで削りだしていきます  
満足のいく形に仕上がれば、全てをきっちりと磨いて、ネジ加工軸に適度に専用接着剤をつけ、パールを差し込みます。

パールの穴は、買ったままの状態だと深さが足りないことが多いので、ギリギリの深さまで自分で少しずつ穴を深くしていきます。同時に、穴の直径もなるべく太い方が入れる軸も大きくできてより丈夫なので、適度に大きくします。

今回は片耳ピアスだったので全く同じモチーフを2つ作るという難しさがはぶかれました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です